トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

ヤクルトがFA美馬に3年総額3億5000万円提示 「気持ちが伝わった」交渉後は笑顔 巨人、ロッテも名乗り

2019年11月5日 21時4分

ヤクルトとの交渉を終え、記者の質問に答える楽天・美馬

写真

 ヤクルトは5日、東京都内で楽天からフリーエージェント(FA)宣言した美馬学投手(33)と初交渉した。3年総額3億5000万円程度の条件を提示したとみられる。

 美馬は約50分のFA交渉後、報道陣に「本当にきてほしい気持ちが伝わった。しっかり考えて結論を出したい」と笑顔で対応。来季プレーする球団については「やっぱり環境。自分と家族が生活しやすいのが1番。野球のやりやすさとかをしっかり考えたい。そんなに早く決められない。後悔しないようにしたい」と熟考する構えを示した。

 今季ヤクルトは12球団ワーストのチーム防御率4・78に低迷。投手陣の立て直しは急務になっている。美馬は今季8勝5敗、防御率4・01の成績で、パ・リーグでは6人のみだった規定投球回に到達。交渉の席に着いた伊東昭光編成部長(56)は「精いっぱいの額を提示したつもり。今年の投手陣の弱さを伝えてローテーションの軸になってほしいと伝えた」と話した。

 巨人とロッテも美馬の獲得に名乗りを上げている。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ