トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

「サインではありません」原監督も丸のバントにびっくり 6年ぶり日本S進出に興奮

2019年10月13日 18時52分

6回裏2死三塁、丸が三塁線にセーフティースクイズを決め勝ち越す。投手西、捕手梅野

写真

◇13日 CSファイナルステージ第4戦 巨人4−1阪神(東京ドーム)

 巨人がCSファイナルステージを4勝1敗で突破し、6年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。東京ドームで10度舞った巨人原監督は「本拠地でひとつの山を越えられたのは格別です。ジャイアンツファンのみなさまありがとうございました」と喜びを語った。この日は先制を許す展開だったが、5回に4番岡本の本塁打で追いつき、6回には2死三塁から丸が意表を突くセーフティースクイズを決め勝ち越しに成功した。

 丸のバントについて指揮官は「サインではありません。丸自身がフォアザチームで勝つことを掲げて4月からやってきた。その部分で勝つ確率の高い部分を選んでくれた。ベンチもびっくりしましたし、全員が勝とうという気持ちが集約されていた」と興奮気味に話した。巨人の日本シリーズ進出は楽天と対戦した2013年以来となる。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ