トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

阪神CS最後の打者は鳥谷 フルスイングもニゴロ…縦縞の「1」に別れ

2019年10月13日 18時40分

7回裏1死一塁、ゲレーロ(手前左)に2ランを打たれ、厳しい表情を見せる矢野監督(中)ら阪神首脳陣

写真

◇13日 CSファイナルステージ第4戦 巨人4−1阪神(東京ドーム)

 虎党が目に涙を浮かべていた。「永遠のヒーロー 鳥谷選手 ありがとう」。左翼席に掲げられた感謝の横断幕。9回2死走者なしで代打で送られたのが鳥谷だ。巨人の守護神・デラロサの速球勝負に対して、渾身(こんしん)のフルスイング。4球目をたたいたが、二ゴロに終わり皮肉にも最後の打者となった。

 愛着のある縦縞のユニホームに別れを告げた背番号「1」。現役続行を明言している男が、次なる戦場へ目を向ける。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ