トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

今宮3発5安打6打点 ソフトバンク4連勝で日本S進出 史上初2年連続‘’下剋上‘’

2019年10月13日 18時9分

4回裏2死一、二塁、今宮が適時打を放ち喜ぶ

写真

◇13日 CSファイナルステージ第4戦 西武3−9ソフトバンク(メットライフドーム)

 パ初の“偉業”で、ソフトバンクが西武を圧倒した。3回に今宮が左翼席に先制ソロ。この日も主導権を握ると、打線の勢いは止まらない。4回には2点を奪って追加点。1点差とされた6回には、再び今宮が左翼席に2ランを放ち、追いすがる西武を突き放した。

 「良い打撃ができたし、チームにとっても大きい追加点になってくれたと思う」。この日の今宮は確変突入だ。7回にも今宮は中前適時打を放ち、9回にはこの日、3本目のアーチ。なんと5打数5安打6打点3本塁打の大暴れ。今宮がけん引したチームは、第1戦から一気の4連勝で、西武をスイープした。シーズン2位チームがCSファイナルステージで4連勝を決めるのは、2014年の阪神以来でパ・リーグでは初。ソフトバンクは2年連続で2位以下から日本シリーズ進出を決めたが、これも史上初めてとなった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ