トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

神様、仏様、球児様…。今季巨人戦は防御率0.00。阪神・藤川が2イニング無失点で一矢報いる

2019年10月11日 22時34分

2イニングを無失点に抑えた阪神・藤川

写真

◇11日 CSファイナルステージ第3戦 巨人6−7阪神(東京ドーム)

虎の意地だ。崖っぷちの阪神は6−6の同点で迎えた9回。先頭で打席に入った大山が、猛虎ファンに歓喜を運ぶ。巨人・中川が投じたカウント1ボール2ストライクの4球目。128キロのスライダーをたたくと、綺麗な弧を描きG党で埋まる右翼席に勝ち越し弾をたたき込んだ。

 投げては8回から投入された守護神・藤川が9回もマウンドへ。今季は巨人戦10試合に登板して防御率0・00と完璧に封じ込めたベテラン右腕が、坂本を中飛、丸を空振り三振、岡本を遊ゴロに仕留めCSファイナルステージ初白星をもたらした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ