トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

巨人が丸の併殺打の間に1点先制 勝てば日本シリーズに王手

2019年10月10日 18時45分

1回裏無死、亀井が右翼線に二塁打を放つ

写真

◇10日 セCSファイナルステージ第2戦 巨人−阪神(東京ドーム)

 日本シリーズ進出に向けて巨人が先制した。1回先頭の亀井が右翼線を破る二塁打で出塁、続く坂本勇が右前打で無死一、三塁とチャンスを広げると、「3番・中堅」で先発出場の丸が阪神の先発・高橋遥の151キロの直球を遊ゴロ併殺打。この間に三塁走者の亀井が先制の本塁を踏んだ。

 巨人は前日9日の初戦で快勝。1勝のアドバンテージを含めて2勝0敗とし、日本シリーズ進出まであと2勝としている。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ