トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

伝統の一戦で金田正一さんを偲び黙とう。東京ドームには記帳所も設置

2019年10月9日 18時28分

金田正一さんを悼む記帳所

写真

◇9日 CSファイナルステージ第1戦 巨人−阪神(東京ドーム)

 CSファイナルステージ第1戦巨人―阪神(東京ドーム)の試合前セレモニーで6日に敗血症のため86歳で亡くなった400勝投手の金田正一さんを偲んで、巨人、阪神の両チームから黙とうがささげられた。巨人時代に金田さんがつけていた背番号34は永久欠番。日本シリーズ進出をかけた戦いを前に、東京ドームは厳かな雰囲気に包まれた。また金田正一さんを悼む記帳所が、東京ドーム22番ゲート前に設置。400勝を挙げた投球フォームの特大写真パネルが3枚飾られ、ユニホーム姿のファンらが次々と記帳に訪れた。期間は11日までの午後4時〜同8時。供物、香典、供花は受け付けない。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ