トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

阪神・藤川が2回無失点でCSファイナルへ「下克上」14年のGT決戦再現なるか

2019年10月7日 22時5分

DeNAに勝利し、ファイナルステージ進出を決めガッツポーズで喜ぶ藤川と捕手梅野

写真

 ◇7日 セCSファーストステージ第3戦 DeNA1―2阪神(横浜)

 レギュラーシーズン3位の阪神が同2位のDeNAを2ー1で下し、2勝1敗で9日に開幕する巨人とのCSファイナルステージ(東京ドーム)進出を決めた。同点の8回に梅野の中犠飛で1点を勝ち越すと、その裏から守護神・藤川が2イニングを無失点に抑えた。

 阪神と巨人がCSファイナルステージで対戦するのは東京ドームが舞台だった2014年以来2度目。当時阪神は初戦から4連勝を飾って巨人のアドバンテージ1勝を含む4勝1敗で日本シリーズ進出を決めた。同じ舞台で14年の再現となるか。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ