トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

侍ジャパンの切り札ソフトバンク・周東まさかの盗塁死 リプレー検証で「セーフ」が…ファン騒然

2019年10月7日 21時18分

ソフトバンクの周東

写真

 ◇7日 CSファーストステージ ソフトバンク−楽天(ヤフオクドーム)

 11月の国際大会「プレミア12」の侍ジャパンに「スペシャリスト枠」でサプライズ選出されたソフトバンクの周東が、まさかの盗塁死を喫した。1点を勝ち越した直後の7回無死一塁で代走として起用されると、一死後に盗塁を敢行。一度は「セーフ」と判定されたが、楽天・平石監督の「リクエスト」でリプレー検証に入った。福岡のテレビ中継では「セーフ前提」で話を進めていたが、検証がなかなか終わらない。ようやく審判団が姿を見せると、「アウト」のコール。球場内の映像などでセーフを確信していたソフトバンクのファンはメガホンを投げ入れるなど、騒然とした雰囲気になった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ