トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

最終決戦は選手交代の応酬…阪神は4回で代打・鳥谷、DeNAは先発から中1日で石田投入

2019年10月7日 19時34分

4回に途中交代したDeNAの先発・平良

写真

◇7日 セCSファーストステージ第3戦 DeNAー阪神(横浜)

 第3戦は序盤からベンチが激しく動いた。4回2死一塁からDeNAの先発平良が木浪に中前打を浴びて一、二塁とされると、ここで阪神ベンチは9番・高橋遥のところで代打・鳥谷をコール。すぐさまラミレス監督も動いて、5日に先発した左腕石田を投入した。

石田は鳥谷に四球を与え満塁とピンチを広げたが、近本を130キロのスライダーで一ゴロに仕留めると、DeNAファンで青く染まったハマスタが大きく揺れた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ