トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

金田正一さんと星野仙一さんの縁 400勝達成時の敗戦投手は…

2019年10月7日 0時25分

2003年、野村克也さん(右)の野球人生50周年を祝う会に出席した阪神・星野仙一監督(左)と金田正一さん(中)

写真

 プロ野球唯一の400勝投手、金田正一さんが6日、急性胆管炎による敗血症のために86歳で死去した。故星野仙一さんと金田さんの隠れた縁があった。

 中日の星野仙一元監督が生前、金田さんのことをよく話していた。ある時には記者に「400勝を挙げた試合、負け投手になったのは誰か知っているか?」。答えは、星野さん自身だ。

 1969(昭和44)年10月10日、後楽園での巨人戦。先発して6回までに2本塁打を含む5安打、4四死球の大荒れで4失点。一方、金田さんは5回から城之内の後を受け登板し、5イニングを1失点に抑えた。

 この年、星野さんは新人で金田さんは現役時代最後の年。重なりあったのはわずか1年だが、この時は先輩が新人に貫禄をみせた。400勝達成ゲームで敗戦投手となった星野さんは「歴史的な試合に名前を残せて、光栄だよ」と話していた。(前田道彦)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ