トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

山本昌さん、金田さんとの思い出「背番号34の後輩だ」

2019年10月7日 0時12分

2008年12月、名球会の総会後、金田会長(右端)、王副会長(左端)と一緒に記念撮影する中日・山本昌(右から2人目)と阪神・金本(左から2人目)

写真

 プロ野球唯一の400勝投手、金田正一さんが6日、急性胆管炎による敗血症のために86歳で死去した。

 訃報に接し、同じ背番号34だった元中日投手・山本昌さんがコメントを寄せた。

 「急なことで驚いています。僕にとって背番号34は金田さんのイメージで、中日に入ったときは『金田さんの番号をもらえた』と喜んだことを覚えています。現役時代も気に掛けていただいて、よく『背番号34の後輩だ』と言っていただけました。一番の思い出は200勝を達成した2008年に、わざわざナゴヤドームまで来ていただいて、名球会のブレザーを高木守道さんと着せていただいたことです。ご冥福をお祈りします」

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ