トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

金田正一さん、ファン乱入の大騒動にも動揺せず完全試合達成

2019年10月6日 23時22分

中日×国鉄17回戦 杉下・金田の投げ合い 9回表国鉄に1点を許した裏、代打酒井のバットが回り三振と稲田主審のジャッジに天知監督、西沢コーチは猛然抗議したが判定はアウト。金田はパーフェクトゲームを成し遂げた=中日球場で(昭和32年8月21日)

写真

 プロ野球唯一の通算400勝投手、金田正一さんが6日、急性胆管炎による敗血症のために86歳で死去した。

 金田さんは1957(昭和32)年8月21日、中日−国鉄のダブルヘッダー第2試合(中日球場)でプロ野球人生唯一の完全試合を達成した。ところが走者を1人も出さずに快投を続けていた9回裏、先頭打者・酒井敏明のときに“事件”は起こった。

 1ボール2ストライクから投げた4球目、酒井のハーフスイングを球審は「ストライク」と判定。この判定に激高したファン200人あまりがグラウンドに飛び降り「振ってない」「ボールだ」「アンパイアは何している!」などと怒号が飛び交う事態となった。

 この騒動で試合は43分間中断。最後は天知俊一監督が「没収試合という不名誉を残したくありませんから、どうか引き揚げてください。すべての責任は私が取ります」とマイクで訴え、ファンもスタンドに戻って試合は再開した。金田さんは中断にも動揺を見せず、続く牧野茂、太田文高をいずれも空振りの3球三振に仕留め1―0で勝利、プロ野球史上4人目の快挙達成となった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ