トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

清宮幸太郎が右肘手術を決断「進化して戻ってきたい」

2019年10月6日 12時32分

写真

 日本ハムは6日、清宮幸太郎内野手(20)が17日に右肘関節形成術を行うと発表した。約3カ月のリハビリが必要で、来年2月の春季キャンプでの復帰を目指す。

 清宮は「来シーズン開幕までに時間があるこの時期に手術をするという決断は、自分自身ではプラスにとらえています。今はしっかり治すことに専念して、また進化して戻ってきたいと思います」とコメントした。2年目の今季は開幕前に右手有鉤(ゆうこう)骨を骨折し出遅れ。81試合に出場し、打率2割4厘、7本塁打、33打点だった。昨季も右肘の違和感でスローイングを制限していた時期があった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ