トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

日ハムドラ1吉田輝星がイ・リーグ最終戦に先発 白星飾れず

2019年9月29日 15時38分

新人イヤーの公式戦最終登板は2軍で6回途中降板だった日本ハム・吉田輝

写真

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)が29日、イースタン・リーグ最終戦となる楽天戦(利府)で先発。2回に横尾が先制ソロを放ったが、4回に3連打を浴びて逆転を許し、6回2死一、二塁と走者を残して降板。5安打、3失点で、ルーキーイヤー最後の公式戦登板を白星で飾れなかった。

 昨夏の甲子園で金足農(秋田)を準Vに導いた右腕はプロ1年目の今季、1軍では4試合に先発し、1勝3敗、防御率12・27。2軍ではこの日が18試合目だった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ