トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

せんのか〜〜い! 引退試合の巨人・阿部劇場 沢村に歩み寄り、あの「ポカリ事件」再現かと思いきや…

2019年9月27日 20時18分

写真

 巨人は27日、今季レギュラーシーズン最終戦となるDeNA戦(東京ドーム)を「ありがとう慎之助」と銘打ち、阿部慎之助捕手(40)の引退試合として実施。「4番・捕手」で先発した阿部が、あの名場面(?)を思い出させるパフォーマンスで沸かせた。

 前日に「やっぱキャッチャー無理だなというのを見せてやるよ」と冗談を飛ばし、かつての定位置、「4番・捕手」で先発した。投げるのは引退会見で「受けたい投手」に挙げたマシソン。ファウルチップを受け、捕手業から遠ざかる原因となった首痛を負った時の投手だった。中大の後輩、神里に二盗を許したが、1イニングを無失点に導いた。

 2回、2番手投手は中大の後輩、沢村。1球目のサインが合わず、つかつかとマウンドへ歩み寄る。2012年の日本シリーズではサインを見逃した右腕の頭をはたく「名シーン」がよみがえる…。周囲の期待(?)を裏切り、はたく振りしてガッチリ握手。「ありがとう」と感謝を伝えた。その直後。捕手は大城に交代。阿部は一塁の守備に就いた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ