トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

“仮想CS”でエース万全 楽天・則本5回0封「全部できた」

2019年9月27日 紙面から

写真

◇楽天7−1西武

 楽天は1回に辰己の適時二塁打と浅村の33号2ランで3点を先制。4回の足立のソロや7回の下水流の適時打などで効果的に加点した。則本昂は5イニングを1安打無失点の好投で5勝目。西武は打線が3安打に抑え込まれた。

    ◇

 2年ぶりCSに向けて、エースが万全の仕上がりだ。前戦でCS出場を決めた楽天は、先発の則本昂が5イニングを1安打無失点で5勝目。無四球、5奪三振で二塁も踏ませず、調整登板で上々の感触をつかんだ。

 「コントロールを意識して、丁寧な投球を心掛けた。きょうの試合でやりたかったことは全部できた」

 今春のキャンプ後に右肘を手術し、1軍初登板は7月9日。試合数は例年の半分以下の12試合目にとどまり、入団から6年続いていたシーズン2桁勝利はストップした。それでも「記録はいつか途切れるもの。それよりAクラスに入れたことが良かった。万全に調整したい」。復調右腕はCSでのフル回転を誓った。

 試合後は最終戦のセレモニーが行われ、平石監督は「優勝、仙台でのCSという目標はかなわなかったが、最後にもう一度この仙台に帰ってきます」と、日本シリーズ進出を満員のファンに約束した。 (竹村和佳子)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ