トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

もう「未完」じゃない! 日本ハム・大田、初の20号「阿部さんから学んだ」

2019年9月27日 紙面から

写真

◇日本ハム4−1オリックス

 日本ハムは2回、石井の二ゴロ併殺打の間に1点を先制し、4回に大田の20号ソロなどで3点を追加した。杉浦は7回2死でこの試合初安打を許して降板したが、6年目で自己最多を更新する4勝目。オリックスは4連敗。

    ◇

 移籍後初の4番に座った日本ハム・大田が自身初の20本塁打を達成した。1点リードの4回1死。オリックスの先発K−鈴木の140キロカットボールを、強烈なライナーで左翼席に突き刺した。

 「めっちゃうれしいです。20本は個人的に目標としていた数字なので達成できて良かった」。これまでのキャリアハイは2017年の15本塁打。ベンチに戻ると会心の笑みをのぞかせた。

 試合前、巨人時代からその姿を見てきた実松の引退セレモニーがあった。「ナイターでも球場入りは午前10時半とか11時。最高の準備で試合に臨む姿を学んだ」と大田。同じく背中を追い掛けていた巨人・阿部も引退する。「阿部さんからは勝たなきゃいけない使命感というのを見てきた」。頼もしくなった後輩が惜別の一発を放った。 (土屋善文)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ