トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

松坂世代の日本ハム・実松が引退会見「これがボロボロかな」中日・松坂からはねぎらいの花

2019年9月26日 18時20分

引退会見に臨んだ実松=札幌市内の球団事務所で

写真

◇26日 日本ハムーオリックス(札幌ドーム)

 今季限りでの引退を表明している日本ハムの実松一成ファーム育成コーチ兼捕手(38)が26日、オリックス戦(札幌ドーム)の試合前に引退セレモニーに臨んだ。温かい拍手に包まれる中、21年間の現役生活に終止符を打った実松に同期入団の建山義紀さんと森本稀哲さんから花束が贈られた。セレモニーの前には記者会見し、引退を決めた理由として「ボロボロになるまで現役にこだわりたいと言っていたけど、実際体の方も試合に出ると痛みが出たり、回復という面で試合に入れる機会も減ってきた。これがボロボロということかなと思った」と語った。

 松坂世代と言われてきたことについては「一つの世代として、その一員であることは光栄なことです」と胸を張った。その松坂からは球場にねぎらいの花が届いていた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ