トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

「2000本打った人の中で一番…」 巨人・阿部一問一答

2019年9月26日 紙面から

写真

 −家族の反応は

 「子どもたちは『来年、野球を見に行きたい時はどうするの』と言うぐらい、ピンときていなかった。一昨年ぐらいからは『パパはなんで打てないんだ』と言われて奮起できた部分もある」

 −長嶋終身名誉監督への報告は

 「電話で『これからまだ野球人生長いから』と言っていただいた。『何歳になったんだ』と聞かれたので『40歳です』と答えたら『もうおじいちゃんだな』と(笑)」

 −原監督への思いは

 「原さんがいなかったら、僕はここまでになっていなかったと思う。ルーキーで何も知らない僕を(当時ヘッドコーチとして)開幕スタメンで使ってもらった。承諾してくれた長嶋監督にも頭が上がらない。(長嶋監督は)ルーキーの時は神様以上の存在だった。会話すらできなかった」

 −ファンの存在は

 「代打で出場する時の声援も、身震いするぐらい毎回、感動させてもらっていた。本当にありがたい」

 −捕手への思い入れは

 「捕手だったからこそ、ここまで打てたんじゃないかなと思う。配球の勉強が身になって、打席で逆に考えることができるようになった。(今季は捕手復帰を目指したが)やると言ってできなかった。すごく自分でも悔しかった」

 −今、球を受けたい投手は

 「いっぱいいるけど、今のチームの中ならマシソンかな。首に激痛が走ったときの投手。ファウルチップを食らって、そういう(捕手ができなくなる)運命になったので」

 −野球の魅力は何か

 「正解がないところ。配球、打ち方、作戦、全てにおいて正解がない」

 −良い思い出は

 「最近はちょっと物忘れが多いので、今年の400号かな。優勝した瞬間も。たぶん今年一番の速さでマウンドに行った。走って、少年のように」

 −誇れる数字は

 「足が遅いので、2000本打った人の中で一番内野安打が少ないんじゃないか。すごく価値があるんじゃないかな(笑)」

 −会心の安打と本塁打は

 「2000本と400号。400号は昨年、意識してなかなか打てず、このまま打てないんじゃないかなと思って打てたので、すごくうれしかった」

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ