トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

“最後のガチ勝負”に意欲 DeNA・筒香「衝撃」だった阿部との対戦

2019年9月26日 紙面から

写真

 ハマの主砲が、憧れの大先輩との対戦を待ちわびた。22日に右手小指打撲で出場選手登録を抹消されたDeNAの筒香嘉智外野手(27)が25日、引退を表明した巨人・阿部慎之助捕手(40)との対戦に意欲をみせた。

 24日に中日を下し、2位でクライマックスシリーズ(CS)進出が決定。10月5日から始まるファーストステージを、初めて横浜スタジアムで開催することになった。ここまで、ホームゲームは43勝26敗1分けと圧倒的な強さをみせているだけに、主将は「これほど、うれしいことはない」と地元開催を喜んだ。

 初の本拠地開催となるファーストステージを勝ち上がると、その先にあるのが巨人とのファイナルステージ。そして、5年ぶりのリーグ優勝に導いた大先輩との対戦だ。

 「プロの世界に入った時、阿部さんのプレーを見て、自分がこの世界でやっていけるのか? というくらい衝撃があった」

 6月1日の中日戦(東京ドーム)で史上19人目の通算400本塁打を達成した強打者の技術を、参考にすることもあった。この日は神奈川県横須賀市の2軍施設で約1時間、汗を流した。万全の態勢で大先輩との対戦を実現させるため、今は地道な練習に取り組んでいる。 (石井智昭)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ