トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

西武、M2 きょうにも連パ

2019年9月24日 紙面から

楽天−西武 8回、代打メヒアの勝ち越し3点打で生還した山川(中)らを迎える西武ナイン=楽天生命パークで

写真

◇西武5−3楽天

西武が競り勝ち、マジック2とした。同点の8回2死満塁で代打メヒアが走者一掃の左中間への二塁打を放った。3番手のヒースに2勝目が付き、7年目の増田が30セーブ目。楽天は7回に追い付いたが、3番手のブセニッツが痛打を浴びた。

 パ・リーグは23日、首位西武が楽天に5−3で勝ち、優勝へのマジックナンバーを1つ減らして「2」とした。西武が24日のロッテ戦に勝ち、2位ソフトバンクが楽天に敗れれば、西武の2年連続23度目(前身の西鉄時代を含む)のリーグ優勝が決まる。

 西武V2の扉をたたく打球が左中間で弾んだ。8回2死満塁。とっておきの代打・メヒアの二塁打で、3人の走者がなだれ込むように生還した。「チャンスの場面でチームの勝ちを引き寄せるツーベースが打てて最高!」。マジック2。きょう24日にも2年連続優勝が決まる。

 7回にブラッシュの2ランで追いつかれ、8回もブセニッツの前に簡単に2死。ここで中軸が粘りに粘った。辻監督は「いい投手だからなかなか点を取れない。よく3人が四球を選んでくれた」。中村、外崎、山川と3者連続四球で満塁。

 「タフなシチュエーションだったけど、一人でもランナーをかえしたかった」。2球で追い込まれながら、メヒアは集中して4球目の直球を打ち返した。「(落ちた瞬間、最高の気持ちだったよ」と笑った。

 3年契約最終年のメヒアの出場機会は年々減らしているが、早出練習やランニングの量を増やしてコンディションを整えて、ひたすら出番を待っていた。20日の楽天戦のサヨナラ2ランに続く大仕事。「チームの助けになるために、地球の反対側(ベネズエラ)から飛んできた。すごくうれしい」と笑顔をたたえた。

 勝敗次第で2位ソフトバンクに逆マジックが点灯する一戦。同時刻に戦っている宿敵が序盤から優勢なことは伝わっていた。辻監督は「こっちは負けられない。みんながつないで、よくメヒアが打ってくれた。メヒアさまさま」と目を細めた。

 2010年に苦い記憶がある。マジック4でソフトバンクに3連敗。9月23日の楽天戦で敗れて、ソフトバンクに逆マジック2が点灯し、球史に残る逆転Vを許した。同じ轍(てつ)を踏むわけにはいかないナインは一丸で勝利をつかんだ。

 連敗は2で止めた。きょうロッテに勝ち、ソフトバンクが敗れれば、辻監督が宙に舞う。(小畑大悟)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ