トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

ソフトBは逆転V諦めない

2019年9月24日 紙面から

オリックスに快勝し、観客の声援に応えるソフトバンク・高橋礼=京セラドーム大阪で

写真

◇ソフトバンク8−0オリックス

ソフトバンクは初回、今宮の右前打とデスパイネの2ランで3点を先制。2回以降も着実に加点した。デスパイネは4打点の活躍。高橋礼は7イニングを2安打無失点で12勝目を挙げた。オリックスはアルバースが3回持たず、打線も振るわなかった。

 ソフトバンクのサブマリン・高橋礼はプロ初体験の中4日での先発。さらに逆転優勝へもう一つも負けられないという、過酷な状況も加味された重圧のマウンドを「意気に感じた」という高橋礼が“低めへの遅球”で、オリックス打線を完全に封じた。7イニングを96球で被安打2、三塁すら踏ませない圧巻の内容で12勝目。「勝ちたいという気持ちだけで腕を振った」と、23歳の右腕が、顔をほころばせた。

 地面すれすれからボールが飛び出してくるアンダースローはこの日、球速140キロ台すらなく、最速139キロ。それでも低めに制球された直球を軸に21のアウト中、内野ゴロは9。最も遅いカーブも95キロと緩急差は44キロもあった。「自分の投球を再確認できた。バッターが嫌がる真っすぐをどんどん投げて、相手のリズムをつくらせないことですね」

 打線も高橋礼のリズムの良さに呼応するように、序盤3回での5得点など計13安打8得点。嘉弥真、高橋純、モイネロ、森ら勝ちパターンの救援陣を休ませられたことも大きい。「助けてくれた。明日(24日)につながる」と倉野投手コーチがねぎらえば、工藤監督も「中4日で万全といえるかは難しいと思うけど、その中でよく7回まで投げてくれた」と褒めたたえた。

 西武も勝ち、首位とのゲーム差1のまま。それでも、24日、敵地仙台での楽天戦に勝ち、西武がロッテに敗れれば、再び首位に立ち、2試合を残して逆転優勝へのマジックナンバー2が再点灯する。優勝の可能性を残していれば、高橋礼が28日のオリックス戦(京セラドーム大阪)で再び中4日の先発に臨む可能性もある。「最後まで戦い抜いて、必ず優勝します」と宣言したサブマリンも、その気満々だ。 (喜瀬雅則)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ