トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

浅村が古巣・西武に『嫌がらせ弾』 3打点の大暴れ、CS進出へ古巣いじめ続行

2019年9月22日 21時44分

写真

 今季FAで楽天に移籍した浅村が、優勝争い中の古巣に『嫌がらせ弾』を含む3打点だ。22日の西武戦。まずは1点リードの5回1死一塁から左翼席中段に31号2ラン。さらに7回2死一塁でも右翼線へ適時二塁打を放ってリードを広げた。昨年まで所属した西武から9本目のアーチで、榎田からも2本目。前日(21日)の野手ミーティングには、右足首手術からリハビリ中の渡辺直人らベテランも参加し、CS進出へ一致団結した。

 西武時代から渡辺直を兄貴分と慕う浅村は「前半戦首位から、自分の状態が落ちたのと同時にチームも負けが込んでしまい、本当に悔しかった」と反省。さらにこう言葉を紡いだ。「ケガでもどんな時でも同じ姿勢で戦う直人さんの声で、もう一度チームのためにやらないとという気持ちを思い出した」。シーズン残り3試合中2試合が西武戦。楽天のCS切符も西武の優勝も、浅村のバットがカギを握っているかもしれない。(竹村和佳子)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ