トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

阪神・近本、150安打でセ新人史上単独2位 長嶋にあと3本

2019年9月17日 紙面から

1回表1死一塁、打者福留のとき二盗を決める近本

写真

◇阪神2−1巨人

 ルーキー近本は3打数2安打2盗塁。同点の6回、先頭で左越え二塁打で出塁すると、1死後に三盗に成功。その後、高山の押し出し四球を含む3者連続四球で勝ち越しの本塁を踏んだ。1回の二盗も得点につながったことで「一番、いい仕事ができた」。盗塁数は33となりヤクルト・山田哲と並んでリーグトップだ。

 安打数はこの日で2017年の中日・京田が記録した149本を抜いて150本。セ・リーグの新人安打数で単独2位に浮上するとともに1958年に巨人・長嶋が作ったセ・リーグ記録にあと3と迫った。快挙への期待が膨らむ中、「自分のできることをやるだけ」と言葉に力を込めた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ