トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

「交錯」筒香、「死球」大和が欠場… DeNA大ピンチに宮崎&ロペスが奮起弾

2019年9月15日 21時59分

4回表無死、宮崎は左越え同点本塁打を放つ

写真

◇15日 中日2―6DeNA(ナゴヤドーム)

 首位・巨人を追うDeNAは主砲不在の打線が奮起した。前日14日のヤクルト戦(横浜)の守備で桑原と交錯した筒香と同日に死球を受けた大和が欠場したが、1点を追う4回に宮崎が左手の故障から復帰後初となる14号ソロで同点に追いつくと、5回2死一塁からは、筒香に代わって4番に入ったロペスが勝ち越し29号2ラン。6回にも柴田、佐野の適時二塁打で2点を挙げて、中日との連敗を4で止めた。

 ラミレス監督は「宮崎の同点弾に、ロペスの勝ち越し本塁打が大きかったね」。巨人のマジックが5に減って、ゲーム差は4・5のままと厳しい状況だが、広島が敗れたことで3位とは1・5ゲーム差となった。逆転優勝、2位死守に向けて必死に戦う。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ