トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

DeNA・今永「一波乱起こす」 逆転Vへ先陣切る!

2019年9月10日 紙面から

ブルペンで入念に投げ込みを行った今永=横須賀市の2軍施設で(石井智昭撮影)

写真

 4連敗中の2位DeNAは10日から、4ゲーム差の首位巨人と横浜で3連戦。直接対決を前に、初戦先発の今永昇太投手(26)が「みんなに勢いをつけられるような投球をしたい」と意気込んだ。

 6〜8日は敵地で中日にカード3連敗。台風15号の影響でチームは8日のデーゲーム後も名古屋延泊となったが、巨人戦に向けて残留していた今永は9日、横須賀市の新2軍施設で調整した。ただ自宅からの車移動も大渋滞で一苦労。それでも5時間以上かけて到着した後は、室内ブルペンでストレートを中心にスライダー、チェンジアップと40球を投げ、準備を整えた。

 13勝は巨人・山口に並ぶ最多勝、防御率2・38は単独トップ。そんな個人記録以上に大事なのが、21年ぶりのリーグ制覇だ。DeNAが負ければ巨人にマジック9が再点灯し、引き分けでも10がともる厳しい状況。「プレッシャーは正直あるけど、一波乱起こすような勢いを持ち続けたい」。頼れるエースは勝ちにこだわり、この日の「長旅」同様に困難を乗り越え、頂点を目指す。 (石井智昭)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ