トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

初の1番起用、ビジョン見て気づく おトボケ島内3打点で楽天5割復帰

2019年9月8日 0時8分

写真

◇7日 楽天5ー3西武(楽天生命パーク宮城)

 楽天は大幅な打線組み替えがピタリとはまった。スタメン中5人が今季初めての打順。その一人、1番に座った島内が3、4回と好機で2打席連続適時打を放った。平石監督は「流れを変えたかったので、コーチと話し合って思い切って変えた。島内は見事な働き」と、久々に晴れやかな顔。連敗を4で止め、勝率を5割に戻した。

 開幕戦を4番で迎えた島内。その後は2〜7番までさまざまな打順を担ってきた。「2番から見ていったら名前がなくて、『今日は出ないのか』と気を抜いてたら、(試合直前メンバー発表の)ビジョンで気付いてすごいびっくり。1番は茂木と思ってるから」。冗談のようなおトボケぶり。

 試合に入ると、3回は2死三塁から右前打、4回は2死満塁で左中間二塁打。8月に月間最多安打の球団記録を更新した好調さで、連敗の暗雲からチームを救った。(竹村和佳子)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ