トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

DeNA、阪神に完敗も巨人との2・5差変わらず

2019年9月6日 紙面から

阪神戦の7回、リードされ厳しい表情のDeNA・ラミレス監督(左から2人目)ら=横浜スタジアムで

写真

◇阪神9−2DeNA

 阪神が快勝。3回に高山の適時打や青柳の犠飛、木浪の適時打などで一挙6点を先取。7回以降も1点ずつ加えた。青柳は打たせて取り、6回途中2失点で7勝目。継投で逃げ切った。DeNAは大貫が序盤でつかまり、3連勝ならず。

      ◇

 大きく負け越している難敵から勝利をつかむことができなかった。首位・巨人が中日に敗れたため勝てば1・5ゲーム差に迫ったDeNAだったが、先発のドラ3・大貫が立ち上がりから制球が乱れ大量リードを許した。

 ラミレス監督は「予想していたよりも悪かった。ボールも高めに浮いてしまっていた」と肩を落とした。

 初回からランナーを背負う苦しい投球が続くと、0−0で迎えた3回、1死満塁から高山に中前適時打を許し2点を献上。2イニング1/35安打4失点で降板すると、2番手・平田も後続を抑えきれずこの回6点を失った。

 約1カ月ぶりに1軍登板のルーキーは「ボール先行の投球となり、自分のリズムを作ることができませんでした」と悔しさをにじませた。

 打線も阪神・青柳を打ち崩すことができず5回に奪った代打・戸柱の犠飛と、神里の右前適時打の2点がやっとだった。

 「6失点で完全に流れが行ってしまっていた」と指揮官は序盤の失点を悔やんだが、「9番・右翼」でスタメン出場の梶谷が4打数3安打と期待に応え収穫もあった。

 6日から敵地に乗り込み中日との3連戦。ここまで12勝7敗と相性のいい相手から勝利を重ね、10日からの巨人戦に弾みをつける。 (石井智昭)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ