トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

広島、“ニシキク”の今季4度目アベック弾でヤクルトに大勝

2019年9月6日 紙面から

ヤクルト−広島 (上)5回表、同点の右越えソロを放った西川 (下)続いて勝ち越しソロを放ち祝福される菊池涼=神宮球場で(いずれも園田高夫撮影)

写真

◇広島8−1ヤクルト

 広島がヤクルト戦4年連続勝ち越しを決めた。0−1の5回に西川と菊池涼の連続ソロと会沢の適時二塁打で3点を挙げ逆転。床田は7イニング4安打1失点で7勝目。

      ◇

 今季最後の神宮で、コイ党を熱気の渦に巻き込む快音が響き渡った。0−1の5回2死無走者。1番・西川が山田大の甘く入ったスライダーを豪快に振り抜き、右翼席に突き刺す15号同点ソロ。この一発が反撃ののろしとなった。

 「完璧と言えば完璧。甘くきたところをひと振りで仕留めることができました」

 今季初対戦となった相手左腕から序盤は得点を奪えていなかった中でのアーチ。西川は入団から昨季の6本塁打が最多だったが、大きく自己記録を更新する。「多少は振れている。いいポイントで捉えられている」とうなずいた。

 2番・菊池涼も続いた。2ストライクからの3球目、外角への133キロを右翼席へ運ぶ12号決勝ソロ。「龍馬(西川)に続くことができて良かったです」。2者連続弾で左腕をマウンドから引きずりおろした。緒方監督も「西川の一本で空気を変えてくれた。キク(菊池涼)も右方向にうまい打撃をしてくれた」と賛辞を贈った。

 「ニシキク」の今季4度目のアベック弾で流れを引き寄せ、終わってみれば計14安打8得点。チームは4カードぶりの勝ち越しで、4年連続のヤクルト戦勝ち越しも決めた。6日からは4位・阪神との直接対決。眼下の敵とは2・5ゲーム差で、絶対に負けられない3連戦だ。 (田中哲)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ