トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

日本ハム・吉田輝星、140キロ後半がバンバン!  プロ初完投で1軍再昇格へ 7日イースタン西武戦で先発

2019年9月3日 18時15分

グラウンド整備を終え引き上げる吉田輝

写真

 日本ハムのドラフト1位吉田輝星投手(18)が3日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設で汗を流した。次回登板は7日のイースタン・リーグの西武戦(鎌ケ谷)に決定。プロ初完投で1軍再昇格を目指す。

 前回は8月31日のイースタン・リーグのヤクルト戦(戸田)に登板し、プロ入り最多の107球を投げ、最長の6イニング2/3、8安打、5失点だった。中6日の登板に向け「体は大丈夫です。できるだけ長いイニングを投げたい」とプロ入り後初の完投に意欲をみせた。

 前回は3被弾したが、真っすぐの状態は上向きだという。「前回の試合前のピッチング練習でたまたま感覚が降りてきた。その感じで投げたら140キロ台後半がバンバン出た。球の回転の音が自分でも聞こえた。この感覚はプロに入ってから初めて」と自信をのぞかせた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ