トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

楽天・辛島1カ月ぶり先発8勝目 無失点リレー「ブルペンに感謝」

2019年9月1日 紙面から

◇楽天1−0日本ハム

 楽天が5回に浅村の併殺打の間に挙げた1点を5投手のリレーで守り切った。辛島が6回途中無失点と好投し、チーム単独トップで自己最多に並ぶ8勝目を挙げ、松井が31セーブ目。日本ハムは5連敗で最下位に転落した。

   ◇

 1カ月ぶりに先発マウンドに戻ってきた楽天・辛島が連勝に導いた。5イニング2/3を散発4安打の無失点。チーム勝ち頭となる8勝目を手にしても「6回は投げ切らないと。宋くんはじめ、ブルペンの皆がゼロで抑えてくれたから付いた勝ちなんで、皆に感謝しかない」と反省しきりだ。

 「あの投ゴロがダメ」と自戒したのは6回2死一塁での自身の守備。渡辺のゴロをはじき(記録は内野安打)、さらに四球で満塁にして降板。代わった宋家豪が横尾を空振り三振に仕留めてベンチに戻ると、「ごめん」と握手で出迎えた。

 ローテ入りした2012年以降、登板121試合のうち救援は2度しかなかったが、この8月はチーム事情でブルペン待機。ロングあり、ワンポイントありで8試合リリーフした。「こういう状況なので、自分の投球がどうとかじゃない。チームが勝てばいい。勝って良かった」。混パの最終局面に、一回り頼もしさを増した先発が一枚戻ってきた。

  (竹村和佳子)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ