トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

楽天・島内が球団月間最多安打 2日前に更新したばかりの銀次を抜いた

2019年8月31日 22時53分

楽天・島内

写真

◇31日 楽天1−0日本ハム(楽天生命パーク)

 楽天の島内が3打数2安打。8月の安打数を38として月間最多安打の球団記録を更新した。「延長戦が多かったから打席数も多く回ってきたからだと思うけど、非常にうれしい」とにっこりだ。

 これまでの月間最多は松井稼頭央(現西武2軍監督)らの35安打だったが、29日にまずは銀次が2安打放ち、36安打で記録を更新。そして30日に1安打して銀次と並んでいた島内が、8月最終日に塗り替えた。2リーグ制後の月間最多安打は、1996年8月にイチローが記録した48。

 8月の楽天はパ・リーグ記録を更新する9度の延長戦と打席が多かったのも事実だが、島内の月間打率は3割6分2厘。「いろんな選手の打ち方を研究して、初めて足を軽く上げて打つようになった。ケツに一度乗る感覚で、上半身に変な力みがなくなった。軽く振っても飛ぶ」と手応え十分の29歳は「シーズン最後まで打ち続けたい」と、意気込んでいた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ