トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

清宮待望の初4番弾 10試合ぶり特大4号

2019年8月21日 21時54分

写真

待望の一撃だ。日本ハムは1点を追う2回、清宮が右翼席最上段へ特大の4番初弾をたたき込んだ。カウント1―1から榎田の135キロ内角直球を振り抜き、4号同点ソロになった。試合前まで打率1割7分9厘、3本塁打、19打点。今季は右手有鉤(ゆうこう)骨の骨折で出遅れたとはいえ、まったく納得いく数字ではない。「やっぱり打てないと悔しい」。大きな期待を背負う背番号21に飛び出した10試合ぶりの一発だった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ