トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

日本ハム・有原が連敗止めた! パ単独トップ12勝

2019年8月18日 紙面から

◇日本ハム6−1楽天

日本ハムが連敗を9で止めた。1回に清宮の犠飛で1点を先制し、3回に近藤の適時打と王柏融の2点適時打で3点を加えた。有原は7イニング2安打1失点と好投し自己最多でリーグトップの12勝目。楽天は打線が2安打と振るわなかった。

   ◇

 久々のハイタッチに少しだけ表情が緩んだ。「責任を感じていたので勝てて良かった」。日本ハムの有原が7イニング2安打、1失点で自己最多の12勝目。チーム連敗を9で止め、ハーラー単独トップに躍り出た。

 「立ち上がりは良くなかったけど、徐々に体が温まって真っすぐが良くなった」。1回2死一、二塁で銀次を一ゴロに仕留め、リズムに乗った。5回2死で迎えた茂木には「今季はずっとやられていた。向こうも気持ちを入れてくる」とこの日最速の154キロ直球で空振り三振を奪った。

 宇佐見とは初バッテリー。この日の試合前ブルペンで初めて受けてもらったという。内角をしっかり見せる強気のリードも奏功し、凡打の山を築いた。「うまくリードしてくれました」と有原。6回に1点を失ったが、流れを渡さなかった。

 ようやくトンネルを抜けた栗山監督は「有原は素晴らしい投球だった。ここからどう勝ちにつなげるかが大事」。大黒柱の力投でつかんだ白星から一気に乗っていきたい。 (土屋善文)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ