トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

小島よしお、DeNA4連敗は「僕の芸人人生に似てる」 始球式ではボール届かず…

2019年8月16日 18時53分

DeNA―広島戦でセレモニアルピッチを務めた小島よしおは、ボールが打席まで届かず座り込む=横浜スタジアムで(北田美和子撮影)

写真

 DeNAは年に一度の「ハマスタ」夏祭り『勝祭 2019』として行われた16日の試合でお笑い芸人の小島よしおがセレモニアルピッチを行った。

 トレードマークの海水パンツに法被姿で登場すると、「横浜4連敗?でもそんなの関係ねえ!!」と持ちネタにスタンドは大爆笑。投球に向けドラ1・上茶谷投手から手ほどきを受けたという小島は「体の軸から腕が離れないよう教わりました。20分くらいマウンドに一緒にいたので、最後は“カミチャ”って呼んでいました」と距離感の縮まったルーキーの教えを胸に臨んだが、肝心な投球は一塁側に大きくそれた。

 「イップスなんで、投球はあまり良くなかったけれど、パフォーマンスは100点満点」と初めての経験に汗をぬぐった。

 4連敗中のチームに「今季は浮き沈みが激しいので、僕の芸人人生に似ている。僕となぞられるのであれば、再ブレークと言われているので、上がりの方に向かっている。谷あれば山あり」とエールを送っていた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ