トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

ハム中田リハビリスタート 「この時期の離脱情けない」

2019年8月14日 16時56分

練習後に集まったファンにサインする中田

写真

 右手母指球部挫傷のため登録抹消になった日本ハムの中田翔内野手(30)が14日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設でリハビリをスタートさせた。

 「この時期にここにいるのは情けない」。蒸し風呂のような室内練習場でノックを受けた中田は大粒の汗をかきながら悔しそうな表情を浮かべた。痛めたのは右手親指の付け根付近。毎年痛みが出る箇所というが、「ここまでになることはない」と話す。今回は7月31日の楽天戦(札幌ドーム)で則本から左前適時打を放ったときに異変を感じたという。そこから8月は28打数2安打、打率0割7分1厘と絶不調に陥った。

 全治は2週間。「まだバットを振るのは止められている」と走り込みと守備を中心に汗を流した。前夜もナイターの結果は逐一チェックしていたという。連敗中とあり「切り替えろと言っても難しいこと。出続けている選手はプレッシャーを感じていると思う」とチームメートを慮った。晴れない表情をみせていたが、練習後には集まったファンに頼まれ即席のサイン会を実施。途中雨が降る場面もあったが、一人一人に神対応をみせていた。1日でも早い復帰を目指すべく地道に汗を流す。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ