トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

昨夏の快投再現だ ハム吉田輝星、パ相手に初先発

2019年8月13日 17時12分

吉田輝星投手

写真

 14日のロッテ戦(東京ドーム)にプロ入り3度目の先発をする日本ハムの吉田輝星投手(18)が13日、1軍に合流しキャッチボールやランニングで最終調整した。

 日焼けした顔つきは精悍(せいかん)さが増していた。昨夏の甲子園準V右腕にとって大好きな季節がやってきた。「夏は野球のシーズン。去年は甲子園で活躍できたし良い季節だと思う。その気持ちのままピッチングしたい」。初黒星を喫した6月23日の中日戦(ナゴヤドーム)以来となる1軍マウンドに闘志を燃やした。

 過去2度の登板は交流戦だったため、パのチーム相手には初めての登板になる。「やっとリーグ戦で投げられる。ロッテ打線は切れ目がないので気をつけたい」。初めて訪れたという東京ドームについても「すぐホームランが入るイメージ」と警戒モードだった。

 自身の状態については「変化球もうまく使えるようになっている。ストレートの調子も上がっている。フォーム的にもしっくりきている感じ」と自信ありげ。下降線をたどるチームを鼓舞する快投に期待だ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ