トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

巨人4度目4連敗で尻に火! 初出場の岸田が痛恨の捕逸…

2019年8月4日 紙面から

DeNA−巨人 巨人ベンチは連敗で暗いムード。左端は原監督=横浜スタジアムで

写真

◇DeNA6−5巨人

 巨人が5点のビハインドを追いつく粘りを見せたが、最後に力尽きて今季4度目の4連敗。原監督は「ちょっと重かった、5点がね。よく追いついたけど、勝ち越せなかったというところですな」と淡々と振り返った。

 4点をリードされた4回の守備から、捕手を先発の小林から岸田に。指揮官は「ずっと悪い流れできている。小林が悪いわけじゃないだろうけど、全体の流れを変えたい」と説明。負傷離脱した炭谷の代役として2日に昇格したばかりの2年目捕手をプロ初出場させた。

 5点差の6回、岡本が「なんとかしようと思った」と7月19日以来、13試合ぶりの18号3ラン。2点を追う8回は坂本勇が左中間へ同点の適時二塁打を放った。だが直後に暗転。マウンドに上がった中川が1死三塁とされ、筒香への初球。内角速球がシュート回転し、捕逸で勝ち越し点を献上した。岸田は「大事な場面でミスが出て悔しい。もっと足を使って捕りに行かないと」と肩を落とした。

 原監督の通算1000勝を挙げた7月30日を最後に黒星が並ぶ。1戦を残して今季初の5カード連続負け越しが決まり、2位・DeNAと1・5ゲーム差。指揮官が「もうちょっとだね。もうちょっとで好転したと思います」と言うように、苦境を脱する兆しは見えた。あとは、それをグラウンドで生かすだけだ。 (小林孝一郎)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ