トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

輝星の夏! 日本ハム・栗山監督「良ければすぐ」1軍昇格テスト

2019年7月30日 紙面から

ブルペンで調整する吉田輝=28日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設で(土屋善文撮影)

写真

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)が1軍昇格を懸けたテスト登板で一発合格を目指す。「長いイニングが投げられるので遅れを取り戻す投球をして1軍に上がりたい」。30日のイースタン・リーグのヤクルト戦(鎌ケ谷)に先発し、5イニングを予定している。

 6月23日の中日戦(ナゴヤドーム)でKOされ、その後腰痛を発症。回復してからはフレッシュ球宴、20日のDeNA戦(鎌ケ谷)と2試合に登板した。3度目の登板を前に、栗山監督は「良ければすぐ引き上げる。自分で切符をつかみ取る時期にきている」と即昇格も視野に入れる。

 首位ソフトバンクとのゲーム差は1・5。吉田輝は「こういう状況だし良いピッチングしないと上がれない。ツーシーム、カーブも使えるようになっているので駆け引きもしっかりやっていきたい」。真夏の甲子園の激闘から1年。「暑くて倒れそうな方が好き。夏は気持ちが上がる。待ってましたという感じです」。大好きな季節の到来とともに、逆転Vの起爆剤になる。 (土屋善文)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ