トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

日本ハム・有原、パ今季最速10勝

2019年7月18日 紙面から

ソフトバンク−日本ハム 10勝目を挙げた日本ハム・有原=北九州で(軸丸雅訓撮影)

写真

◇日本ハム4−0ソフトバンク

 日本ハムが3連戦3連勝を飾った。1回に西川の先頭打者アーチで先制、5回は中島、大田の適時打などで3点を奪った。有原は8イニング2安打無失点でリーグ単独トップの10勝目。ソフトバンクは打線に元気なく今季初の4連敗となった。

    ◇

 先発の有原が8イニング2安打無失点の快投でリーグトップの10勝目。首位・ソフトバンクに3連勝でゲーム差を「4」に縮め、栗山監督は「まだ4ゲーム差はあるけど、チャンスが出てきたのは間違いない」と前を見つめた。

 日本ハムの大黒柱が敵地のマウンドに仁王立ちし、“鷹狩り”を完遂した。プロ100試合目の登板で自らの成長を結果で示し、2年ぶり3度目の2桁10勝に到達。右腕は「ここからまだまだ積み上げて、もっとチームの勝利に貢献したいと思います」と胸を張った。

 上沢が左膝蓋骨の骨折で今季絶望となり、王柏融も右肩関節骨挫傷で戦線離脱。苦しい中で後半戦のスタートを切ったが、腰痛で2軍調整を続けていた大田が16日に1軍復帰。ショートスターターなどの奇策も駆使しながら、少しずつ希望の光が見え始めている。

 指揮官は「一体感が出てきている」と確かな手応えを口にした。3年ぶりのリーグ優勝、日本一奪還へ。真夏の反攻は止まらない。 (中野雄太)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ