トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

復帰即弾! 日本ハム・大田が自ら快気祝い「思い切り振った」

2019年7月17日 紙面から

ソフトバンク−日本ハム 4回表無死、大田が左越えに本塁打を放つ=ヤフオクドームで

写真

◇日本ハム3−2ソフトバンク

 日本ハムが逆転勝ち。0−2の4回に大田のソロと田中賢の犠飛で追い付き、9回に代打宇佐見の押し出し四球で勝ち越した。ソフトバンクは甲斐野が制球に苦しみ、3連敗を喫した。

      ◇

 復帰即アーチでチームを鼓舞した。2点を追う4回。この日、腰痛から復帰した日本ハムの大田が打席に向かう。カウント1−1からスライダーにバット一閃(いっせん)。打球はライナーで左翼席へ飛び込む14号ソロだ。「とにかく、小さくならないように思い切り振った」。逆転劇を呼び込む一撃となった。6月23日の中日戦(ナゴヤドーム)で右中間の飛球を好捕した際にフェンスに激突。「バットが振れないという感じだった」。その後、2試合強行出場したが、回復を優先させるため今月3日に登録抹消。この日満を持して復帰した。

 ファンへの“御礼弾”だった。球宴にプラスワンで選出されたが、やむなく辞退。直前に左手小指を骨折した昨年に続き、2年連続で自宅でテレビ観戦した。「選んでもらったのに、申し訳なかった。後半戦は投票してもらった皆さんに喜んでもらえるようにしたい」。夢舞台に立つことがかなわなかった分を、ペナントで取り返す覚悟だ。

 ソフトバンクに2連勝でゲーム差は5。大田は「みんなで頑張って走り抜けれれば、面白いシーズンになると思う」と語気を強めた。終盤に押し出しで勝ち越し点を奪うハムらしい巧者ぶりを発揮。栗山監督も「目いっぱいいくだけ」と逆襲へ鼻息は荒い。 (土屋善文)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ