トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

球宴第1戦でパ先発のソフトB・千賀 球宴最速記録162キロに挑戦

2019年7月12日 紙面から

オールスター第1戦に先発する千賀は、球宴最速の162キロに挑戦する

写真

 球宴第1戦に先発するソフトバンクの千賀滉大投手(26)が、大谷(現エンゼルス)が日本ハム時代の2014年にマークした球宴最速の162キロに挑む。

 ファン投票と選手間投票で“ダブル当選”した千賀は、シーズンとは違う高揚感を漂わせていた。前半戦は勝利数、勝率、奪三振がリーグトップで、防御率も同2位。138奪三振は12球団断トツで、先発を控えた11日には意外な「対戦」の相手を指名した。

 「“スピードガンコンテスト”ができることはなかなかない。スピードガンと対戦してきます!」。今季開幕戦の初球でマークした161キロの自己最速超えに挑む。

 前半戦最終登板だった4日の楽天戦では159キロをマーク。この試合は今季2度目の中5日での先発だった。「シーズンの疲れはあるけど、中1日や中2日で投げるよりはまし。(球速は)出ても160キロぐらいかな」と控えめに予想してみせたが、今回は中7日での登板。予定は2イニングで、最初からエンジン全開でいける。今の充実ぶりなら、球宴最速の更新も十分ありそうだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ