トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

オリックス・山岡、7イニング無失点で今季6勝目

2019年7月9日 紙面から

7イニングを無失点に抑え6勝目。ファンの声援に応えるオリックス・山岡

写真

◇オリックス2−0楽天

 オリックスの山岡が7イニングを1安打無失点に抑え、6勝目。奪三振は7でこのうちの6つは多彩な変化球ではなく直球。中日から移籍加入した松井雅との初コンビで、新境地を切り開いた。

 初回は空振りした後に足に当たるというキレ味鋭いスライダーで茂木を空振り三振に仕留め、田中は147キロ直球、ブラッシュも149キロ直球で3者三振に。楽天のデータにない配球で翻弄(ほんろう)した格好だ。5回、先頭の島内に安打を許しただけで、後は完璧に封じ込んだ。

 「(松井雅が)真っすぐを多く使ったいいリードをしてくれた。真っすぐで空振りを取れてた。理想の投球ですね」

 楽天戦はこれで4勝目。「得意という感じはないですけど」と謙そんしたが、西村監督は「素晴らしい投球。松井雅がうまくリードしてくれた」とコンビを絶賛。2年ぶり2度目の球宴出場をにらんで7回で降板となったが、エース格にふさわしい投球で前半戦ラスト登板を締めた。 (達野淳司)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ