トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

DeNA・伊藤光が千金弾 ところで七夕の願いは…

2019年7月8日 紙面から

巨人−DeNA 6回表2死一、二塁、DeNA・伊藤光が左越えに勝ち越し3ランを放つ。捕手炭谷=東京ドームで(北田美和子撮影)

写真

◇DeNA6−4巨人

 DeNAが逆転勝ちした。2−3の6回に細川の左前適時打で追い付き、続く伊藤光の左越えへの8号3ランで勝ち越した。2番手の三嶋が3勝目を挙げ、山崎が16セーブ目。巨人は2度のリードを守れず、連勝が7で止まった。

 扇の要がバットで3連敗を阻止した。鮮やかな逆転勝利の立役者はDeNAの「7番・捕手」。伊藤光が千金の3ランを放った。6回、細川の適時打で同点とし、なお2死一、二塁。鍬原の初球を左翼席に運んだ。

 昨季までプロ通算18本塁打の男が、今季早くも8号。「ホームランは増えていますが、僕は後ろにつなぐ、出塁するというバッター。そういう役割を忘れずやっていきたい」。献身のリードに加え、殊勲の一打。巨人の連勝を7で止めた。

 七夕の日、ファンの願いに応える働き。自分の願いは「もうケガをしませんように」。6月12日のロッテ戦(ZOZOマリン)で右肩の違和感を訴え、翌日からスタメンを外れた。今月3日の阪神戦(横浜)では、山崎の投球を右手に受け2度目のスタメン落ち。

 「チームに迷惑をかけてしまっていたし、試合に出られない自分は何なんだろうと…」。2度の欠場で、健康な状態でプレーができる大切さを改めて思い知らされた。仕事場に戻り、チームもAクラスに復帰。球宴までの借金完済も見えてきた。 (石井智昭)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ