トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

日本ハム、楽天とらえた! 9回2死、清水が決勝打

2019年7月7日 紙面から

観客の声援に応える日本ハム・清水=楽天生命パークで

写真

◇日本ハム1−0楽天

 日本ハムの清水が値千金の一打を放ち、チームを3位タイに押し上げた。9回2死一、三塁。1ボール2ストライクから松井のチェンジアップを振り抜き、左前へはじき返した。

 「なかなか打てるピッチャーではない。うれしかった」。これが決勝点になり、2カード連続勝ち越しを決めた。今季チームの対松井は6試合で無得点。それだけに栗山監督が「清水にとっては自信になる。どこにチャンスがあるかわからない試合で、ものにしてくれて良かった」とねぎらった。

 リードでも6投手をうまく支え、完封リレーを完成させた。清水は「ピンチもあったけどみんなしのいでくれた」と頭を下げた。強打が売りの宇佐見を巨人から獲得。競争は激しくなるが「刺激になります」と受けて立つ。打てる捕手の看板は譲れない。  (土屋善文)

 ▽日本ハム・金子(2番手で4イニングを3安打無失点、7奪三振)「チームが勝てたことが一番。いい感じに試合で投げられている。自分はどんな場面でもゼロに抑えるだけ」

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ