トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

投げて打って! 巨人・山口、気迫の粘投「勝ち星はオマケ」

2019年7月6日 紙面から

巨人−DeNA 6回表2死一、二塁、ピンチを逃げ切り声を上げながらベンチに戻る山口=東京ドームで(七森祐也撮影)

写真

◇巨人8−4DeNA

 巨人が今季2度目の6連勝。2−2の6回に坂本勇の適時打と丸の3ランで4点を勝ち越し、7回に坂本勇の2点二塁打で加点した。山口は8イニング2失点で12三振を奪いリーグ単独トップの9勝目。DeNAは今永が6イニング6失点と崩れた。

   ◇

 巨人の山口が「最多勝対決」に投げ勝った。DeNAの先発は試合前まで8勝で並び、防御率、勝率、奪三振でもリーグ上位を争う今永。古巣で過ごした最後の1年(2016年)に新人だった左腕に「きょうはなにがなんでも勝つという気持ちで投げた」と先輩の意地を見せつけた。

 2回無死一塁でロペスに先制2ランを許した。規定投球回に達する投手では両リーグ最少の今季4本目。それでも「2、3点勝負になる」と気持ちを切り替え、5回まで1人の走者も出さなかった。5回に同点にしてもらうと、6回は1死一、二塁でソト、筒香を連続三振。流れをグッと引き寄せた。

 バットでも奮闘した。6回の先頭打者で左中間フェンス最上段にぶち当てる二塁打。もともと打撃好きだけに「ピッチングより気持ち良かった」と満面の笑みだ。続く亀井のセーフティーバントの際に、二、三塁間でスパイクが人工芝に引っ掛かって転んだのもご愛嬌(あいきょう)。一挙4得点の呼び水となった。

 新加入の鍵谷に9回のマウンドを譲って今季初完投こそ逃したが、8イニングを2安打2失点。中5日で132球の熱投を見せ、自身5連勝でハーラー単独トップに立った。「チームが勝てる状況をつくるのが先発ピッチャーだと思うし、勝ち星はオマケ」。白星には頓着しないが、これで投手部門は勝利、防御率、勝率と3冠。チームは2位広島に今季最大7ゲーム差とし、セ界の貯金を独り占めにした。 (小林孝一郎)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ