トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

元竜戦士のモヤ、移籍先オリックス初打席で本塁打

2019年7月4日 紙面から

◇ロッテ12−6オリックス

 ロッテは先発全員安打の猛攻で快勝した。1−1の3回、荻野の適時打や香月のプロ5年目での初本塁打となる3ランなどで一挙7点を奪った。ボルシンガーは6回途中6失点で2勝目。オリックスは序盤の大量失点が響いた。

   ◇

 中日からオリックスへ金銭トレードで移籍したモヤが、名刺代わりの特大アーチを右中間へかけた。それも最初の打席。2回2死からボルシンガーの低め直球を豪快にすくい上げた。

 「バファローズに移籍してきて初めての打席でホームランを打つことができて、うれしい。ファンの声援がより一層、後押しをしてくれたよ」

 午後1時からの入団会見では「ユニホームがカッコイイ。背番号1にふさわしい活躍をしたい」と抱負。そして「6番・一塁」でスタメン出場すると、一時同点ソロにベンチが沸き立った。ダイヤモンドを一周して本塁を踏む際には右手を天に突き上げた。ベンチ前に戻ると、一緒に移籍した松井雅を抱き上げた。

 プエルトリコ出身で201センチ、117キロの大型野手。来日2年目の今季、中日では外国人枠の関係もあり1軍出場は7試合にとどまっているが、2軍では56試合に出場して打率3割1分5厘、12本塁打、36打点と好成績を残していた。

 そんなモヤはオリックスにとって垂ぜんの的だった。ドーピング規定違反のメネセスは契約解除。ロメロは右脇腹を痛めて離脱中。チーム本塁打はリーグ最少(51本)で「ウチに欠けている長打力を期待」と言う福良ゼネラルマネジャー(GM)の求めに即応してみせた。

 中日からバファローズに移籍して活躍した選手といえば、ラルフ・ブライアントがいる。31年前のシーズン途中に近鉄に加わり、移籍後初アーチはくしくもこの日と同じ7月3日だった。モヤの一発がかすむ敗戦にはなったが、3度のキングに輝いた伝説アーチストのような救世主となれるか。 (吉川学)

◆ブライアントの移籍後初本塁打

 中日では外国人枠の関係で出番のなかったブライアントは1988年6月28日、金銭トレードで近鉄へ。翌29日の日本ハム戦(東京ドーム)でデビューし、中越えに2点適時二塁打を放った。移籍後初本塁打は出場5試合、16打席目。7月3日の西武戦(ナゴヤ)の2回に中越えソロを放ち、4回には2打席連続弾を左翼へ。この年は最終的にリーグ4位の34本塁打。チームが最終戦まで優勝を争う原動力となった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ