トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

巨人40勝、セ一番乗り 坂本9回2死千金打!

2019年7月1日 紙面から

ヤクルト−巨人 9回表2死一塁、坂本勇が右越えに勝ち越し二塁打を放つ=こまちスタジアムで(七森祐也撮影)

写真

◇巨人4−3ヤクルト

 巨人が競り勝ち、40勝にリーグ一番乗りした。2−3の8回に併殺打の間に追い付き、9回に坂本勇の適時二塁打で勝ち越した。5番手の大竹が今季初勝利を挙げ、中川が10セーブ目。ヤクルトは16残塁の拙攻が響き、3連敗を喫した。

   ◇

 我慢比べのような、じりじりした戦いに主将が終止符を打った。巨人の坂本勇が同点の9回2死一塁で右翼フェンスにぶち当てる適時二塁打。「外野は越えてくれるかなと思いました。たまたまフェンスで跳ね返って、(一走の)亀井さんがかえってくれたので良かったです」と値千金の決勝打を振り返った。

 相手はヤクルトの抑え、石山だった。「真っすぐがすごく良いピッチャーなので、真っすぐに負けないような準備をして打席に入りました」。やや内寄り、低めの真っすぐを反対方向へ運び、外野の頭を越した。原監督も「最後(バットの)ヘッドが効いているよね」と称賛する、力と技術の詰まった一打だった。

 1回に投手強襲の内野安打、3回には左前打を放ち、5月31日の中日戦(東京ドーム)以来となる今季7度目の猛打賞。打率1割8分3厘と苦しみ抜いた交流戦を抜け、3〜4月の月間MVPに輝いた本来の打撃が戻ってきた。

 前夜は14試合ぶりの一発で勝利に貢献。こまちスタジアムでは青森・光星学院高2年の10月に放って以来、14年ぶりの柵越えだった。「なかなか毎年は来られないですし、皆さんの前で良い結果を出せてうれしく思います」と秋田のファンを喜ばせた。

 主将の活躍で連勝し、貯金は今季最多で3年ぶりの2桁、10となり40勝リーグ一番乗り。リーグ戦再開を最高の形で滑り出した。 (小林孝一郎)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ