トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

日本ハム・清宮「おばけフォーク打つ」 「日本一の投手」千賀と対戦へ

2019年6月28日 紙面から

写真

 日本ハム・清宮幸太郎内野手(20)が27日、交流戦再開初戦となるソフトバンク戦(札幌ドーム)で先発予定の千賀攻略に意欲を示した。

 国内最強投手との初対戦。その時を前に清宮は思わず武者震いした。「昨年のクライマックスシリーズのときにベンチで見ていて日本一のピッチャーだと思いました。対戦できたら楽しみです。スピード、変化球、すべてを兼ね備えている」。160キロを計測する剛速球に落差の鋭い通称・おばけフォーク。そのどれもが超一流だからこそ、打てば自分もチームも乗っていける。

 そのために、打撃フォーム改良にも着手した。「スタンスを狭くしました。昨年も打てていたときは狭かったので」。広いと右足を踏み出した際に目線がぶれやすくなるという。その悪癖も修正され、打撃練習でも快音を連発。「良い感じです」と納得の表情を浮かべた。

 チームは交流戦を8勝9敗1分けと負け越し。特に最後の中日戦では3連敗を喫するなど決して良い状況とはいえない。清宮が難攻不落の千賀から流れを変える一打を放つ。 (土屋善文)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ